• トップ >
  • 「メール通知パスワード」「リスクベース認証」について

「メール通知パスワード」「リスクベース認証」について

1「ワンタイムパスワード」または「メール通知パスワード」のいずれかのご利用が必須となりました。
セキュリティ強化のため、ログイン時の「ワンタイムパスワード」または取引時の「メール通知パスワード」のいずれかのご利用を必須とします。
ワンタイムパスワードをご利用でないお客さまは、最初にインターネットバンキングにログインされる際、「メール通知パスワード利用開始画面」が表示されますので、メールアドレスをご確認のうえ、お手続きください。
現在、「ワンタイムパスワード」をご利用中のお客さまは、これまでどおりのご入力でお取引ができます。
リニューアル後の認証
2第三者のなりすましによる不正アクセス防止として、「リスクベース認証」を開始しました。
「リスクベース認証」とは、第三者のなりすましによる不正アクセスを防止するセキュリティ対策です。 お客さまのアクセス状況やIPアドレス、端末やブラウザ設定情報、お客さまの行動パターンなどの複数要素から、不正アクセスである可能性について判定を行い、不正取引である可能性が高いと判断した場合に追加認証を行います。
3「セレクトEメールサービス」により、現在ご利用中のメールアドレスに加え、別のメールアドレスに取引内容をお知らせすることが可能となりました。
「セレクトEメールサ−ビス」とは、インターネットバンキングにご登録いただいているメールアドレスに加え、第2メールアドレス、第3メールアドレス宛に、ログインや振込等のお取引を受付したことをお知らせするサービスです。
「セレクトEメール」は、パソコンだけでなく、携帯電話にも送信が可能です。
※迷惑メール防止の設定をしている場合は、あらかじめ「webcenter.anser.or.jp」のドメインからのメールが受信できるよう設定してください。
※フリーメールアドレス(無料で取得できるアドレス)は、第三者に悪用される危険性がありますので、ご使用はお控えください。
主なお知らせ対象取引
お振込み 税金・各種料金払込み「Pay-easy(ペイジー)」
お客さま登録情報変更 ワンタイムパスワードの利用開始時(トークン発行)
メール通知パスワードの利用登録 Eメールアドレスの登録・変更